スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオテロと医師たち

下記の本を読了。う~む、すごく読ませる本だった。このI先生のblog「楽園はこちら側」でも本当に何度も頷く記事を拝読することが多い。特に下記の二題は秀逸だと感じている最近の記事。微量採血器具問題に関してはいろいろな議論があったが、一番本質的な議論をされた先生の一人だと思っている。

▼想像力の限界
▼不正解が多すぎる問題は不適切(微量採血器具問題)


 さらに、ケアネットのこの記事も必見

 人間として医師としてものすごい能力を持った人なのは間違いないのだろうが、「すごいところ」の細部を解析しつつ真似して、自分も研鑽していきたいと思う。また、こういう先生が行政に参画できるようにしていくことが国民のためにはいいのではないか。

バイオテロと医師たち (集英社新書)バイオテロと医師たち (集英社新書)
(2002/10)
最上 丈二

商品詳細を見る

スポンサーサイト

麻生政権

 24日から国会。組閣。舛添大臣は留任濃厚だとか。日本の行く末がかなり心配であるが、次世代のためにも自分の領分でベストを尽くそう、と思う。
 先日ディズニーランドに行ってきた。混雑度合いにイライラした。トイレも食事も満足にゆったりとできないなんてひどい!しかし、最後には何となく満足した気持ちで帰れるだから不思議だ。
Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。