スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州自動車の旅でNavigonは活躍するか

NAVIGON_product_home_header_mn7_iPhone_02_US.jpg

 来週は夏休みを取る予定。乳児がいるのでいろいろ迷ったが、ようやく計画を決定した。7日間車でイタリアを回る。楽しみであるが、総走行距離は7日間で2200kmは下らない予定なので、車の運転がかなりきつそうなのが心配。しっかり睡眠を取って、ゆったりとイタリアの風景を楽しみながら運転しよう。

 今後まだ行ったことがないドイツ、オーストリア、ベルギー、オランダ、スペインなどはもちろん、東欧諸国にも行ってみたい。

 ヨーロッパの車での旅行といえばナビは必須だろう。ヨーロッパではTomtomやNavigonなどのポータブルナビが主流であるが、私は普段iPhoneのナビアプリNAVIGON MobileNavigatorを使用している。これはかなり使える。

 価格はiPhoneアプリとしては破格に高い1万円程度であるが、こちらで普及しているポータブルナビ(2~3万円程度)と同等以上なのである。車はもちろん自転車や徒歩モードなどもあり、かなり正確にナビしてくれる。すごいのが、GPS信号とアプリ内の地図データだけで動作しているので、3Gネットワーク等でのデータ通信を必要としないところ。つまりSimロックされている日本のiPhoneをヨーロッパに持参して使用できる(はず)ということ(試したことはないので責任は持てない)。アプリは無料で比較的頻繁にアップデートされるので本当に使える。ヨーロッパに在住する方、車での旅行をする方にはお薦めである。
スポンサーサイト

メディアアートとしてのPaleo祭

 昨日(土曜日)、我が家の地元で20日から行われるPaleo Festivalという野外音楽祭の前夜祭イベントが行われたので、家族で出かけてきた。

IMG_9360.jpg
▲ パレードの出発はNyon城前から。巨大なエビが浮いていた。

photo_plasticiens_volants-2.jpg
▲魚たちもゆらゆら

 巨大なエビや蛇、イカなどを模った空気(かヘリウムか)で膨張されたバルーンが、浮力を得て、プロに操られながらまるで生きているように町中を乱舞する。22時にNyon城前からエビたちが幻想的な音楽にのってパレードが開始し、一時間弱ほど掛けて我が家の目前のメイン会場(駐車場)へ。途中、タコや蛇も合流。最後は幻想的な音楽がますます雰囲気を盛り上げ、最後は花火でフィニッシュ!ここにこんなに人が集まっているのを見たことないほど、たくさんの老若男女が集まって盛り上がっていた。

IMG_9370.jpg
▲かなり巧みな動き。すごい

 後で調べてみると、このパレードをやっているのはPlasticiens Volantsというフランスのグループのようである。よく分からないが、海の世界の物語を表現しているような感じは伝わってきた。

IMG_9372.jpg
▲地道に歩いて行くタツノオトシゴグループ

IMG_9382.jpg
▲ 途中でタコも合流

photo_plasticiens_volants-5.jpg
▲ メイン会場へ集合

IMG_9402.jpg
▲メイン会場ではエビやタコやその他魚たちが集結し狂喜乱舞

IMG_9408.jpg
▲最後は花火で盛り上がり終了

 それにしても、ヨーロッパ全体的にそうなのだろうが喫煙者が多い。しかも歩き煙草が多い。子供連れでこういう人混みを歩くのは非常に危険である。

 花火とともに24時くらいにイベントは終わったものの、我が家の前の駐車場では夜中の2時過ぎまで酔っぱらいの嬌声が響いていたのであった。

僕がウダウダしている間、彼女はベルギー人の伴侶を見つけ、二児の子育てをしつつ「フランダースのイモ!」を出版していた!

フランダースのイモ!フランダースのイモ!
(2010/07/09)
山口 潔子

商品詳細を見る

 友人が本を出したというので早速購入した(ただしまだ日本から届いていない)。早く読んでみたい。NTT出版と言えば、情報系や社会科学系の堅い本を出している出版社だったよなぁ。池袋のジュンク堂では雨宮塔子氏の著作と一緒に平積みにされているらしい。

 彼女は1998年に私が参加した東南アジア青年の船の同期である。滋賀→名古屋→バークレー(US)→京都→フィリピン→…というキャリア形成にもいつもエネルギーをもらってきたし、また折にふれてイラスト豊富な手紙をもらってその情緒あふれる絵に感動していた。お互いその都度の悩みを共有しつつも一貫して彼女の底流にある明るさに励まされていた。フィリピンにいたときの絵などがネットなどでもご覧頂けるので是非ご覧頂きたい。

 高学歴女性の婚活や日本と海外における女性が働く環境の違いなど彼女との間で盛り上がった話題は多いが、いつのまにかベルギー人パイロットの伴侶を見つけ、二人のかわいい男児を産み育て、本まで出版していた。自分はその間一体何をしていたのか。少々ショックであった。

 これをきっかけにブレイクして、林真理子氏のようになって頂きたいものである。

▼早速日経ウーマンオンラインにも取り上げられていた。
フランダース出身のベルギー男子と国際結婚するってどういうこと!?:日経ウーマンオンライン【WOL Information】

 是非皆さんもご一読下さい♪

Bern and Chamonix

 今週末はスイスの首都Bernとフランス領のChamonixにそれぞれ日帰りで出かけた。Bernの語源は「熊」とのことで、川沿いに熊さん公園があったのには和んだ。世界遺産になっている町並みは、やはり歴史の積み重なった風格を感じさせた。

Bern
▲Bernの仕掛け時計

 Chamonixは夏に訪れるのは初めてだった。フリークライミングの大会などがやっており、太陽がキラキラしていてとても素敵だった。昨年NHKの番組で拝見した鏑木毅さんら日本人も参加されるUltra Trail du Mont Blancも来月に迫っているとのことなので、是非また応援に訪れたいと思う。

Chamonix
▲Chamonixの街からAigulle du Midiを望む
Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。