スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療論壇より

小松
▼小松秀樹が語る「医療に司法を持ち込むことのリスク」

 虎ノ門病院の小松先生が、厚労省案を批判されている。価値ある批判だと感ず。

▼「タミフルと異常行動」に新データ


 タミフルの大騒ぎにはかなり懐疑的な思いを抱いていた医師は多いと思う。マスコミ扇動世論に安易に流されることなく、科学的な視座を忘れてはいけない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに。

小松さん、いいこと言ってるね~
これをきっちーが読んで価値あると判断していることが価値あることだと思う。
規範的予期類型と、認知的予期類型という分類が面白いね。やはり自分は常に後者でありたいと思う。
最近、一般の人がブログとかで気軽に発信できるようになって、匿名で規範的・・・の発言をする人がかなり多くなったように感じる。(表層化しただけ?)
結局、つながりの希薄さ、想像力の欠如、とかっていうのが一番の問題かなぁと思います。
(しかし、この記事読むのに日経メディカルのID取っちゃったよ。タミフルの方は内容は専門的でちょー難しい、、、笑)

きわどい

 なかなか仕事の内容って書きにくいのだけど、仕事関連で興味深い記事はできるだけ載せて紹介していきたいと思います。コメントありがとう!
Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。