スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスカーナビ事情

 スイスはフランス、イタリア、ドイツ等と国境を接しているため、車で欧州旅行をするのが容易である。週末にイタリアに行ってきた、等は日常でよく聞く会話である。その時に有効なのがカーナビだ。

 日本のカーナビ市場では、以前流行ったような20万円もするような自律航法も備えた高価なナビはあまり売れなくなり、最近は容易に取り外せるポータブル型が売れる傾向にあると聞く。ヨーロッパでは、完全にポータブル型が市場の大部分を占めているようだ。

 全世界で販売されているカーナビ製品の8~9割が、日本メーカー製であるとされる。ただしその半数は日本国内で販売されており、海外でのカーナビ普及率は低い。(wikipedia)

 スイスでは、日本で頑張っているソニーやサンヨーのナビは全然存在感がない。その代わり、オランダのTomTomという会社がかなり存在感があり、ナビの代名詞になっている。

 iPhoneの標準の地図はGPSも合わせて簡易ナビとして使用できるのだが、やはり音声案内などはなく、遠出するときには若干心許ない。そこで日本円で2万円もしないTomTomの単体のナビを購入するか、iPhoneのナビアプリケーション(TomTomのもある)を購入するかかなり悩んでいた。ネットのレビューを調べてみると、TomTomのアプリはあまり評価が高くなく、代わりにNavigonというドイツのメーカーのアプリが評判が良かった。そこで今度は、単体のTomTomのナビかNavigonのiPhoneアプリかでかなり迷った。果たして、歩行時や自転車でも使用できるという点と導入費用が安い(149fr≒13500円)ということでNavigonのアプリを購入した。

 使用してみたらかなり使えるので驚いている。GPSの追随性能も高い。iPhoneユーザでヨーロッパに旅行や駐在に来る方には是非お薦めしたい。

 ▼動画のレビューもあった
スポンサーサイト
Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。