スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunesのムービーレンタル

 週末iTunes Store(US)ではじめて映画をレンタルしてみた。借りたのはmillion dollar baby。映画の内容自体はすごく重かった。人生の悲哀を痛感させてくれる名画だった。

 それにしてもこのシステムはやはり画期的である。購入してから30日以内に見始め、見始めてから24時間見られるというレンタル方式で2.99ドル。購入だと9.99ドルだ。これだと貸し出し中というのもないし、返却の必要もないし、場所に成約されずに借りられるというのはいい。現在iTunes StoreでもUS版のみでこのような仕組みが実現しているが各国に広がるのも時間の問題だろう。テレビドラマなども見られて、ERもちらっと調べた限りでは全部見られる。映画も見たいと思ったモノはかなりそろっている。すごい。アップルのビジネスを見ているといつも本来はソニーがやれるモノだったんだろうになぁと思う。どこで間違えてしまったんだろう。

 最近、AmazonのKindleや、Google Booksの和解の件が話題になっているが、下の池田氏のブログは参考になった。日本の出版社も守ることが滅びにつながることになってしまわないか心配である。先手を打たないとまずいのではないか。

 ソニーブランドも本当に地に落ちてしまいました。昔はこれでも私はソニーファンで、指名買いしていましたが、最近はソニー製品なら買わない、そんな風になってしまった。

電子ブック戦争 日本の敗北 - 池田信夫 blog

「Google Books」の修正和解案、対象国などの制約を追加
スポンサーサイト
Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。