スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊かさへの希求はものすごいエネルギーをもたらす

パリから上海に引っ越した友人のブログで進められていた番組を拝見。

出稼ぎ労働者について2 - しゃんしゃん上海

NHK データマップ 63億人の地図
第八回 中国 豊かさへの模索


を拝見。

 人間としての原点を思い知らされ、最後には涙が出そうになる番組。学問をして人の役に立つことの意味、学問をすることの貴重さ、大切さ、貧困のみじめさ。やはり、教育や医療など基本的な機会平等の確保は社会にとって大切だ。現在Paul Collierの「The Bottom Billion: Why the Poorest Countries Are Failing and What Can Be Done About It」を読んでいるが、あらためて身を引き締めないとと強く思った。

2008年にやっていたNHKスペシャル 激流中国 シリーズも面白かった。

■上海から先生がやってきた ~貧困の村で~

 何か、こういう番組を見た後、日本を振り返ると本当に大丈夫かと不安になる。アメリカの大学でも中国やインド、韓国の学生のプレゼンスはあがる一方で日本の学生は存在感がないというし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。