スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹と走ること

『走ることについて語るときに僕の語ること』は、ジャガイモの皮剥きにちょっとだけ似ている~天才小説家・村上春樹が走り続ける理由 (超ビジネス書レビュー):NBonline(日経ビジネス オンライン)

村上春樹はマラソンを続けていることは有名だけど以下の部分は面白かった。

「小説家にとって重要な資質は何か?」の質問に、文学的な才能があることを前提にして、〈迷うことなく集中力〉〈持続力〉だと答えている。

 一日、三時間から四時間、机に向かい、小説のことだけに意識を集中させる。〈ほかには何も考えない。ほかには何も見ない〉。長編小説であれば、それを、半年、一年、二年と継続させる。ますますマラソンの練習みたいだ。

 やっぱりどんな職業でも地道に真摯に仕事に取組続けることが大事なんだろうなぁ。がんばろう。最近、街で鯛焼きを売っているのを見かけると吸い寄せられそうになる。新年から泳ぎはじめる予定。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

走ることについて語るときに僕の語ること

村上作品と村上春樹さんをつなぐ重要な本だと思いました。彼は生きている人だし(当たり前ですが)、その人は当然何かと引き換えに年齢を提供しているわけです。私もあなたも。村上さんの作品はいつもエネルギッシュに感じているのですが、その背景にこの本に書いてあるよ...

コメントの投稿

非公開コメント

Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。