スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニートの走り~昭和期の高等遊民~

猪瀬氏のblogでこんな文章があった。

猪瀬直樹の「眼からウロコ」
「こころの王国」―現代の“高等遊民”たちへのメッセージ


「高等遊民」予備軍たちに言いたい。仕事に就き働くこと。ひとつの仕事をとにかく3年でも5年でもやる。生活者として物事を感じ、生活者の孤独を知る。そこではじめてプロフェッショナルとしての職の業を身につけることもできるだろう。

 うーむ、正に私が最近すごく実感していることだった。幸いにして医療、行政の現場で経験を積むことができて、結局どんな世界でも同じではないかとつくづく思う。今日は福岡の家に帰宅予定。家に新しいソファもやってきている。帰るのが楽しみである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。