スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を鼓舞する医師の姿とは?

 先週と今週、東京に遠征し、昭和大学、成育医療センターに伺った。いろいろな先生とお話しすると教科書や論文では見えてこない事実も多く、一次情報の収集の大切さを痛感した。土曜日の昼間、病院の主治医と今後についてディスカッション。こちらが勉強し、いろいろな人に相談すればするほど出てくる疑問や迷いに誠実に答えてくれる先生の姿勢には感動する。
 この週末は医師臨床研修指導医養成ワークショップのお手伝い。勤務先病院でお世話になった外科部長と循環器科部長がいらしており、夜の懇親会でお話しした。二人とも患者に望む姿勢、仕事への厳しさなど本当に心から尊敬できる方である。臨床医は結果がダイレクトに自分にかえってくるので役人に比較するとごまかしはきかないなと思った。緊張感のない臨床医には若い医師はついていかないだろうし、若者をスポイルする。ちょっとシニカルに過ぎるだろうか。
 ベテラン医師たちが「よい指導医」について考え、指導のノウハウをワークショップで学び、標準化されることはとてもいいことだ。しかし、どんな道でも若い人を真に鼓舞するのは、上に立つ者の仕事への情熱やロマンや厳しさであると思う。このワークショップの本質的な限界も感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。