スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割礼とHIV感染

Swaziland Increases Male Circumcision Efforts To Curb Spread of HIV

割礼とHIV感染予防についてはいろいろ議論されてきたようで、リスクを逓減させる、というスタディはいくつかあり、割礼していない男性はより感染リスクが大きくなるなどという包括的な疫学的証明はいくつかあるようだ。ただし、割礼自体の方法の差異、副作用、交絡因子などの検証の難しさなどもあり、明確に評価されているというわけではなさそうだ。

The AIDS Epidemic ? A Progress Report from Mexico City
Volume 359:885-887              August 28, 2008         Number 9

このNEJMの論文などを読むと、異性間の感染予防介入の一つとして割礼は勧められている。

BMJ 2000;320:1592-1594 ( 10 June )
Education and debate
How does male circumcision protect against HIV infection?

BMJでは、何で感染リスクが下がるか、機序の仮説とともに、感染予防の手段として使うべきと述べられていた。

非割礼の場合、陰茎包皮の内側表面がHIVレセプターを含んだランゲルハンス細胞を含み、それらがウイルスがペニスに侵入する最初のポイントになるのかもしれない、と仮説が展開されている。性行為の前に膣や陰茎に使うHIVレセプターブロッカーの開発が新しいHIVの感染予防策の一つになるかもしれない。

割礼はHIVの感染率が高い国々では追加の予防策として真剣に考えられるべきである、と結ばれている。

Male Circumcision and Risk for HIV Transmission and Other Health Conditions: Implications for the United States


こちらのCDCの記事では割礼について詳しくレビューされている。MSMでの性交渉では感染リスクが逓減されそうにない、割礼自体のリスクなどから積極的には勧められない、とのことで、下記の3点を強調していた。

個人が感染予防介入として割礼を望む場合以下を認識すること
  • 割礼は利益と共に害もある
  • 膣性行でしか確かな効果はなさそう。
  • 部分的な効果しか期待できないので他の予防方法(適切なコンドーム使用、禁欲、パートナーの固定化など)と併用するように

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Tokyo/Japan
Profile

Kitty

Author:Kitty
born in 1974
Medical Officer (MD)
Working for Japan

My Tweets
Calender
Amazon Wish List
Link
Flag Counters
    free counters
ClstrMaps
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。